JavaScript対応ブラウザで表示してください。

偉人列伝

第9回 中内 功(1922年―2005年)

中内 功 「ダイエー」を一代で流通業界最大手の企業に育て上げ、戦後の流通業界に大革命を起こした立志伝中の人物。“ミスター価格破壊”の異名を取り、定価を維持しようとするメーカーなどの圧力に屈せず、広く国民から支持された。日本チェーンストア協会の初代会長に就任する一方、1990年には流通業界から初の経団連副会長に選出されるなど、業界の地位向上にも貢献した。  兵庫県神戸市生まれ。41年兵庫県立神戸高等商業学校(神戸商科大学を経て、現兵庫県立大学)卒業後、日本綿花(現ニチメン)に入社。その後召集されて復員後の48年に神戸三宮市に友愛薬局、51年サカエ薬品工業を兄弟と共に設立。57年大阪市千林駅前に「主婦の店ダイエー」(現ダイエー)をオープンさせ、高度経済成長の波に乗って次々と店舗数を増やすと共に全国の地方のスーパーと提携して業容を拡大させた。64年、松下電器産業とテレビの値引き販売をめぐって勃発した「ダイエー・松下戦争」はあまりにも有名だ。  72年にはついに三越を抜いて流通業界首位に。80年には年間売上高が1兆円を突破し、その後もM&Aを駆使した多角経営を展開して忠実屋、ユニードなどのスーパーや出版社のリクルート、リッカーミシン、プロ野球球団などを次々と傘下に収めた。グループ売上高はピーク時で5兆円に膨れ上がり、関連企業300社、社員数10万人の企業群を形成した。  しかし、バブル崩壊や有利子負債の膨張で経営が急速に悪化し、99年にはCEOを辞任。晩年は私財を投じて設立した学校法人中内学園(流通科学大学)の理事長兼学園長を務めた。84年レジオン・ドヌール勲章(仏)受章、93年流通業界では初の勲一等瑞宝章を受章した。 (肩書は当時)

フォトギャラリー

中内 功 「脚力には自信があるんですよ」と軽やかにペダルを踏む(1980年) 永野重雄・日本商工会議所会頭(中央)が調停役となり、伊藤雅俊・イトーヨーカ堂社長(右)と“歴史的握手”(1982年) 小林茂・秀和社長と
マンモス入社式で新入社員と肩を組み、愛唱歌「ダイエーグループの仲間」を斉唱(1986年)
小売業として初の1兆円を突破。電話で報告を受け思わずVサイン(1980年) パーティーで隣に座った塚本幸一・ワコール社長と(1980年) 本誌主幹・佐藤正忠のインタビューに応じる(1992年)
完成した福岡ドームにて。左から中内氏、根本陸夫・福岡ダイエーホークス監督、中内正・ツインドームシティ社長(1993年) 「精読ではなく乱読」という中内氏の書斎には、至る所に本が積み上げられていた