JavaScript対応ブラウザで表示してください。

偉人列伝

第4回 土光敏夫(1896年―1988年)

土光敏夫  第4代の経団連会長で、後に第2次臨調会長として中曽根政権下で最大の政策目標だった行政改革推進の道筋をつくった。謹厳実直な人柄と抜群の行動力、そして質素な生活から「めざしの土光さん」などと呼ばれ、日本中から広く慕われた。  1920年東京高等工業学校(現東京工業大学)卒業後、東京石川島造船所(後に石川島重工業)に入社、36年に芝浦製作所との共同出資会社である石川島芝浦タービンに出向し46年社長に就任。50年、経営危機にあった親会社の石川島重工業の社長に抜擢され「ミスター合理化」と呼ばれるほどの合理化を敢行、60年には播磨造船所と合併して石川島播磨重工業(現IHI)を設立。当時としては世界一の建造量を誇る造船企業となった。65年に東京芝浦電気(現東芝)の再建を1期前の東芝社長で、第2代経団連会長だった石坂泰三氏から依頼され社長に就任し、合理化と社員の意識改革で再建を成し遂げた。  74年に第4代の経団連会長に就任。「行動する経団連」を実践し、3期9年にわたってオイルショック後の疲弊した日本経済復興に尽力した。  81年に鈴木善幸首相、中曽根康弘行政管理庁長官に請われ第2次臨時行政調査会会長に就任。「増税なき行政改革」「3公社民営化」を掲げ、83年に中曽根首相に最終答申を提出した。臨調のメンバーには瀬島龍三氏、加藤寛氏などがおり、さまざまな圧力をはねかえした「土光臨調」に国民は喝采を送った。 「社会は豊かに、個人は質素に、思想は高く、暮らしは低く」の信条を実践し、率先垂範の行動は多くの人に感動を与えた。  86年勲一等旭日桐花大綬章受章。 (肩書は当時)

フォトギャラリー

土光敏夫 書斎での“本との問答”は頭脳を衰えさせないための健康法(1980年) 最終答申をまとめた後も相談役を務める東芝には時折出社していた(1987年)
「経済とは“経国済民”、これを忘れちゃいけません」。右は本誌主幹の佐藤正忠 臨時行政改革推進審議会の看板を下ろす右から瀬島龍三氏、土光氏、大槻文平氏(1986年) 経済4団体トップが勢揃い。右から土光氏、永野重雄・日本商工会議所会頭、木川田一隆・経済同友会代表幹事、桜田武・日本経営者団体連盟会長(1975年) 「行政改革をすすめる市民の会」のメンバーが訪れ、土光氏を激励(1983年)
「社会は豊かに、個人は質素に、思想は高く、暮らしは低く」を貫き通した、清廉潔白の士であった