JavaScript対応ブラウザで表示してください。

偉人列伝

第3回 本田宗一郎(1906年―1991年)

本田宗一郎  戦後日本を代表する技術者型の経営者で、自動車修理工から一代で「ホンダ」を世界的な大企業に築き上げた。  高等小学校を卒業後、上京して自動車修理工場の「アート商会」に丁稚奉公し、のれん分けによる独立を経て、1946年、静岡県浜松市に本田技術研究所を設立し内燃機関、車両の製造研究を始める。47年原動機付自転車「バタバタ」を生産開始、翌48年同社を本田技研工業と改めオートバイ「ドリーム号」「スーパーカブ号」など次々とヒット商品を開発し、二輪車で世界のトップメーカーとなった。  その後、四輪車にも進出し63年に軽トラックと小型スポーツカーを発表、73年アメリカのマスキー法(大気汚染防止法)に合格した低公害エンジン「CVCC」搭載「シビック」を発売、記録的売上高を達成して会社の基礎固めに成功した。59年からオートバイの国際レースに参加、64年からは自動車レースF1に挑戦し65年メキシコGPで初優勝を果たした。 「モノづくりのロマンチスト」と呼ばれ、明るい人間性や旺盛なチャレンジ精神などから幅広いファンを持つ。技術者出身で自由奔放な本田氏を参謀として支えたのが藤沢武夫氏(元副社長)の存在である。この2人による絶妙なコンビが世界のホンダを育てあげた。  81年勲一等瑞宝章を受章。89年日本人として初めてアメリカの自動車殿堂入り。91年勲一等旭日大綬章受章。 (肩書は当時)

フォトギャラリー

本田宗一郎 ボーイスカウトの服装を初めて着用。左はサチ夫人(1975年) 愛用のシビックCVCCを自ら毎日運転していた(1975年) 忙しい中にあっても日本画に凝り、絵の参考にと自宅に咲く花を手に取る(1975年)
本田賞授与式にて(1982年) 1984年にフランス政府よりレジオン・ド・ヌール・オフィシェ勲章を受章。授章式にはよき女房役だった藤沢武夫氏(左端)も駆け付けた フランス大使のアンドレ・ロス氏(右)から勲章を贈られる(1984年) 小山五郎・三井銀行相談役と乾杯(1984年)
「経営の極意は」との本誌主幹・佐藤正忠の問いに「相手に任せること」と即答した(1983年) 1973年に経営の第一線から退いたが、その後も最高顧問として講演に財界活動にと引っ張りだこだった